人身事故と物損事故

電車で人がはねられる事故が起きた場合は問答無用で人身事故と処理されますが、交通事故においては人身事故と物損事故に分けられます。
交通事故で人身事故と判断されるのは、乗っていた人が死亡したり、怪我をしたりした場合です。人が負傷したので人身事故と呼ばれるということです。一方物損事故と判断されるのは、自動車や器物が損壊し乗っていた人が怪我をしていなかった場合です。

この怪我の程度というのは厳密に定義されておらず、救急車で搬送された時や、場合によってはムチ打ちや打撲でも怪我をしたと判断される可能性があります。
これは交通事故の被害者が人身事故として届け出るか、物損事故として届けるか、ということを決めるために起こります。

被害者の立場の場合は、怪我をしたならば、示談案を提示されてもすぐに物損事故と決めるのは賢い選択とはいえません。後に交通事故による後遺症が出てくる可能性もあり、警察も介入してくれなくなります。目先のお金にとらわれず、後悔のない選択ができるようにしましょう。

加害者は物損事故にしたがる

交通事故を起こした加害者は人身事故ではなく物損事故として処理したがります。この理由は基本的に点数や反則金などの行政処分であったり、刑事処分を受けることがないからです。人身事故として処理されると加害者は罰金を受けたり、減点措置を受けます。

もし物損事故と処理して、後に身体に異常が出てきて病院へ診断に行った場合、事故発生から数日以内であれば、警察提出用診断書を医師に作成してもらい、それを事故発生場所を管轄する警察署に提出すれば、物損事故を人身事故に切り替えてもらえます。

しかし、事故から期間が経過すればするほど、医師の診断書を警察に提出しても、警察で実況見分調書の事故の種別を変更してくれない可能性が高まります。具体的な期間などは警察側の判断になりますが、事故発生から相当な時間が経過してから病院で治療を受けた場合、その病気が交通事故によるものかどうかはっきりしなくなるからです。このようなことがないように、交通事故の被害者となった場合は、すぐに物損事故として届けを出さずに、弁護士に相談するなどして人身事故として届け出るかどうかをしっかりと見極めることが大事です。

人身事故へ切り替えは、警察側に捜査義務が発生し現場検証などを行う必要が出てくるので、警察側は人身事故への切り替えをあまり好みません。
ですが、症状が出た場合は断固として人身事故への切り替えの届出を申請しましょう。

事故の被害者となってしまってもあわてずに冷静になって落ち着いて判断することが大事です。