朝起きたときコップ一杯の水を飲むのが大切

その理由は、コップ一杯の水が命にかかわるからです。
普通、早朝には人は体の水分が減少し、脱水症状寸前の状態になっています。自分ではわからなくても寝ている間にかなりの汗をかいているし、朝は老廃物を含んだ尿を排出します。そのために朝は一日中でもっとも体の水分が少なくなるのです。

人体の成分のうち最大のものは水分

この水分は、体のいろいろな機能を働かすために大きな力を持っています。早朝の状態は、この水分が限界すれすれの状態に近く、特に血液中の水分が減少しています。水分が減少するということは、血液の中の水分量も低下するということです。結果、血液は粘性を高めます。粘っこくなった血液は、流れが悪くなるだけでなく、もし欠血管に細いところがあれば、そこに固まりとなってつまり、血栓を生じます。これが心筋梗塞や脳梗塞の原因となるのです。

心筋梗塞の発生時刻は午前四時から午前十時の間に集中しているといいます。その理由は、血液中の水分が減少し、血液が粘っているためだとされています。そこでこれを避けるには、とりあえずコップ一杯の水を飲んで血液を薄めることが大きな力となるのです。

朝にコップ一杯の水を飲めば、すぐに体内に吸収され、血液が薄まって、粘っこさがなくなります。その結果、血栓ができ、心筋梗塞などを起こす恐れが、大幅に減少するというわけです。

起きがけでなくても、早朝に目覚めてトイレに行った場合も、コップ一杯の水を補給しておくことが大事です。水の刺激は鎮静作用があるので、そのまま目が覚めてしまうこともなく、再び十分に睡眠をとることができます。したがって、朝起きたときの感じも爽快です。

たったコップ一杯の水とはいうものの、自分の命にとって非常に大切な水なのです。この水をおいしく飲むためには、冷蔵庫で冷やしておくと良いでしょう。

朝食前に運動の習慣がある人も、行動する前に、まずコップ一杯の水を飲むことが大切です。この際は、オレンジジュースにしたり、蜂蜜を水に溶いたものを飲むなど、糖分の補給も忘れてはなりません。

その理由は次のようなことによります。朝食前は血液の糖分が極端に減少しているため、その状態で運動をすると、燃焼する糖分がないので、体脂肪が血液の中にどんどん出てきます。血液中の脂肪が増加すると、血液が粘り血栓を生じやすくなります。これを防止するために、燃料の糖と水分を補給すると良いというわけです。