わかめは海藻の中でも昆布とともに、女王様扱いされています。その理由としては、わかめは美容や健康、長寿に効果があり、食べ続けると若々しくなり、髪が黒くなると信じられてきたからです。では、わかめには本当にそのような成分が含まれているのでしょうか。その答えはどちらでもありません。

まず、わかめを食べると若々しくなるということについては、カルシウムや食物繊維が多い点で、確かに若々しさを保つにはよいといえます。カルシウムはいらいらした気分を落ち着かせ、食物繊維は便通をよくして、これも不快な気分を治してくれます。いらいらしたり不快な気分になっていると、皮膚の弾力が低下し、年齢よりも老けて見えるようになってきます。このような状態を除くだけでも若々しくなるというものです。

わかめの食物繊維は、アルギン酸という、水になじみやすく保水性の強い成分です。この水分を保つ力は、腸内で乳酸菌の繁殖によい条件を提供し、腸の状態をよくします。乳酸菌が繁殖すると、発がん性物質の毒性を消すとともに、発がん性物質を作る犯人である腐敗菌の勢力を抑えるという力も発揮します。つまり、わかめのアルギン酸は、間接的ですが、がんの予防に役立つのです。

ただしわかめが、髪の黒さを保つということについては、根拠がありません。海藻が黒いのでそこから連想されたものと考えられます。

わかめが体にいいということについては、カルシウムや食物繊維以外に、わかめに豊富に含まれているヨードの存在も見逃せません。現代の日本人には、過去には天然塩から摂取できたヨードが、不足する危機があるからです。なぜなら、最近の食塩は精製され過ぎており、また一部はイオン交換樹脂と電気を使用する化学製塩で作るものが多いため、塩からヨードを摂取することは期待しにくくなっています。さらに、ヨードを豊富に含んでいる魚や海藻の摂取が少なくなったために、今までの日本では考えられなかったヨード不足が心配されています。ヨード不足は、甲状腺の動きに大きな影響があるので、わかめのような食べやすい海藻を取ることは、健康の上で望ましいことです。

現在のわかめは、昔のわかめより栄養的に大きく改良されています。それは、加工法の変化によります。過去の方法では、採取したわかめを浜辺で日光に当てて乾燥していました。取れたてのわかめには、ビタミンAの元であるカロチンが多く含まれていますが、日光の紫外線により、大半が変化し、ビタミンAの効力は期待できなくなります。ところが、採取してすぐに湯通しして、塩漬けし、低温保存すると、カロチンは変化しないで残ります。ビタミンAの効力が期待できるということです。