朝は何かと忙しいことが多いです。しかし、忙しいからといって、食事が不規則になりがちだったり食事を抜いてしまったりすると、体調を崩す原因となります。なぜなら、体は規則的に活動しているからです。食事の時間になると胃液の分泌が高まり、消化器は消化の態勢を取ります。そのタイミングに合わせて食べ物が消化器に入ると、消化器はうまく消化してくれますが、時間がずれると胃液の分泌が不十分となり胃がもたれたりすることが多いのです。

そこで、忙しいときに便利で、しかも栄養的にもある程度バランスが取れている食事として、卵と牛乳とバナナの組み合わせが有効です。

卵は栄養的に申し分のない食べ物です。近年、卵はコレステロールが多いということで敬遠する人もいますが、たんぱく質としては良質で利用効率もよいので、1日に1個の卵が有効です。しかも、小さく見えるますが、卵1個で5グラムのたんぱく質をとることができます。食事をうどんやそばなどで済ます場合も、卵1個を足すだけで、栄養的にかなりよい状態となります。

牛乳も、卵と同様、1本でたんぱく質を5グラムとることができます。つまり、卵と牛乳を合わせると10グラムのたんぱく質が取れる計算になります。これは、1日に必要とするたんぱく質のほぼ2割程度となり、忙しいときの食事としては十分です。

また、卵、牛乳ともビタミンAが多く含まれています。さらに牛乳にはカルシウムも豊富です。

しかし、卵と牛乳だけでは、エネルギーやビタミンC、それにカリウムなどのミネラルが不足します。これを補い、しかも手軽に済ますことができるのがバナナです。

バナナは1本でも十分に、1食の食事としては満足できるものです。それに、バナナは食物繊維も多く含まれています。朝、忙しいからといって菓子パンなどで済ましたり、清涼飲料水で空腹感をごまかしたりすると、エネルギーは補給できても、食物繊維が十分に取れません。食物繊維が少ないと、便秘を起こし、不快な感じを常に持つことになります。これが長年続くとがんなどを生じる原因になるので、気をつけたいものです。

卵、牛乳、バナナはコンビニや駅の売店でも売っているので、その点でも手間はかかりません。最近は駅でファストフードを食べることができますが、栄養の点から言うと、やはり卵、牛乳、バナナの組み合わせのほうが勝っているといえます。また、バナナを2本食べたとしても、全部で500カロリー以内に収まるので、カロリー的にも心配がありません。

なお、野菜ミックスジュースの缶を1つ加えれば、さらに、野菜の各種の栄養成分をプラスすることができます。とにかく、食事の時間はできるだけきっちりと守り、栄養的に優れたものを摂取することが健康につながります。