肥満している人の中には体に余分な水分が多くたまっているという人があります。塩分の多い食事が好きで、塩辛い漬物や、辛子明太子、佃煮、塩辛といったものでご飯を食べている場合、このような水膨れの肥満が起こりやすくなります。これは、塩分が体の中に多くとどまることによって、それを薄めるために水分が体内に多くたまってしまうためです。

塩分は体内で、主として血液など細胞の外側にある液の中に多く含まれています。体は、その塩分の濃度が常に一定になるように働いています。それは、細胞の内側にはカリウムを含んだ液があり、細胞の外の血液などに含まれるナトリウムとバランスをとっているからです。

血液中の塩分濃度が高くなりすぎると、細胞内の水分が外へ吸いだされます。これは浸透圧の働きのためですが、このようなことが起こると、細胞の活動が変調をきたします。細胞内の水分が減り、水以外の成分が凝縮されるためです。そこで体のほうは、細胞外部の血液などの塩分を薄めるために、多くの水分を体にためるのです。その結果体重が非常に重くなります。

このような水分過剰の肥満は、見たところぽってりとした感じです。この場合、実質的に脂肪分は多くはなく、水分が多くたまっているだけですから、これを体外へ出すことが必要です。もしそのままにしておけば、血液は非常に薄まっているので、貧血の状態と同じです。しかも動きにくいので、その結果、運動不足になり、脂肪肥満にもつながりやすくなります。

そこで、このような過剰な水分を体外へ出す方法として第一に挙げられるのは塩分の摂取を少なくするということです。そのためには、塩味の薄い野菜料理をしっかりと食べることが大切です。なぜなら野菜の中には、塩分排泄を促すカリウムが多いからです。

また、体内でたんぱく質が分解した結果できる老廃物は、尿から排泄されるので、たんぱく質を十分にとることによって尿の量を増やすことができます。尿の量が多くなると、それに伴ってナトリウムも排泄されます。このように食事に注意しながら2、3週間たつと、体内の余分な水分が抜けて見違えるように体が締まってきます。この間に体重が2キロ程度低下する場合もあります。

ところで、このような水膨れの肥満は、夏などの暑い時期に起こりやすくなります。それは、あっさりしたものがいいからと、麺類などを取ることが多くなるためです。

意外と知られていませんが、麺類にはかなりの塩分が含まれています。口当たりがよいので、塩味を感じないかもしれませんが、うどんやそうめんを作るときに、小麦粉のたんぱく質を溶かし、ほぐしてさらにもつれさせ、粘りを出すため、粉に、かなりの食塩を加えるのです。また、麺つゆの中にもかなりの塩分が含まれています。

一方、暑いと、野菜やたんぱく質の多い食品は重たくしつこいからといって敬遠しがちになります。また、食欲がないからと、朝食や昼食を抜いたり、少量で済ませ、夕食にまとめて食べるような食生活をすると、水太りしやすくなります。

鳥や豚の飼育では、この方法で皮下に厚い脂肪層をつけますが、筋肉には水分が過剰に含まれています。これも水太りの一例です。

夏中、このような食生活を続けると、秋口にはぽってりとした肥満状態が出来上がります。このような状態になると、血圧も上昇してくるので、夏太りした人は、秋口に体重とともに血圧も調べたほうがよい状態です。

余分な水分が体から抜けていれば、体重が減ると同時に血圧も下がっていくことが多いです。つまり水膨れの状態の肥満を治すには、単なる減食ではなく、食生活全体から減塩をして、水分を体の外へ出すことを考える必要があります。