運のいい人の人生は、偶然のチャンスにあふれています。
運のいい人は、チャンスを、純粋に偶然と信じていることが多いです。たまたま新聞のそのページを開いたときによさそうな記事を見つけただけ、インターネットで偶然そのサイトに行き当たっただけ、その瞬間にそこを歩いていただけ、パーティーでたまたま会うべき人に会っただけ。しかし、偶然に見えるチャンスがめぐってくるのは、運のいい人が心理的に演出しているからだということがわかりました。考え方や行動がチャンスを作りやすくして、チャンスの存在に気がつきやすく、かつチャンスに基づいて行動しやすい状況を生んでいるのです。さらに、運のいい人が偶然の効果を最大限に高める秘密のテクニックも明らかになりました。

運のいい人は運のネットワークを築き広げています。
外交的な人は内向的な人よりもはるかに愛想がよく、人付き合いもよいです。友人の家を訪ね、パーティーに喜んで出席し、人とかかわる仕事を好む人も多いです。一方、内向的な人は自分の中に閉じこもりがちで一人で過ごすことが多いです。

さらに運のいい人の外向性は3つの面から、偶然に出会う可能性を高めていることがわかりました。たくさんの人と会うこと、対人関係の磁石になること、いつも人の付き合いを大切にすることの3つです。

たくさんの人と会うことは、たくさんの懸賞に応募することによって当選確率を高めることと同じです。つまり、運のいい人は日常生活でたくさんの人と会うことによって、偶然のチャンスに出会う確率を大きく高めているのです。たくさんの人に会えば、それだけ自分の人生にプラスの影響を与えてくれる人に出会う機会も増えます。

運のいい人の多くは、普段の生活で会う人との距離を意識して近づけるだけで、幸運な経験が次々にやってくるといいます。対人関係の磁石も、偶然のチャンスに出会う確率を高めます。他人を引き寄せる力を持っている人はどういうわけか、周りの人が吸い寄せられるように見えるのです。この磁石を持っている人は、内向的な人より外交的な人のほうが圧倒的に多いです。